@irrequiredの雑記

日々気まぐれに書いています。@irrequiredというアカウントでTwitterをやっています。

Twitterをやっていて思うこと

Twitterって、神経質な人にとっては看過できない部分があると思うんですよね。

例えば、ミュート機能とか。

ミュートというのは、読んで字のごとく特定の人物のツイートがTLに表示されないようにする仕組みです。

この機能の利点としては、相手にはミュートをしているという事実が全くわからないということでしょう。

逆に、相手にとってはこれが不安の要因となると思うのです。

 

Twitterというのは、趣味や話の合う人同士でコミュニケーションのやりとりをするのが目的だと思うのですが、

ミュートのような機能はTwitterをやる人間にとっては不信感を煽る原因となるわけです。

 

僕はTwitterを初めておよそ3年が経つのですが、最近になって、フォロワーの人にそういった不信を抱くことが増えてきてしまったような気がします。

 

"この人は僕をフォローしてくれてはいるものの、ミュートしているんじゃないか"という猜疑心が消えなくなってしまっているのです。

 

人は好きな人物に対してミュートはしませんから、僕はフォロワーに嫌われているんじゃないか、と考えを悪い方向に巡らせてしまうわけです。

 

そんなわけで、僕としては、ミュートという一方向的な機能より、ブロックやリムーブという相手にもそれが伝わる機能の方が良いと思うわけです。